• はじめに
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 治療前の注意
  • 治療の流れ
  • 治療例
  • よくあるご質問
  • 患者様の声
  • リンク

治療前の注意

顎変形症とは

顎変形症とは

顎がずれていて、咬み合わせが悪くなっている状態を「顎変形症」と呼びます。上あご、または下あご、あるいはその両方の大きさ、位置などがずれていると、そのあごに生えている上下の歯のかみ合わせも悪くなってしまいます。

顎変形症の患者さんは、上下の歯の土台である骨の位置がずれています。そのために、通常の矯正治療で行われる歯の移動だけではきちんとした咬み合わせをつくるのが難しくなります。矯正治療だけでなく、ずれている土台の骨を正しい位置に移動する外科手術と合わせた治療が必要になります。

 

顎のずれが少ない場合は、歯の角度や位置を調整することで土台を動かさずに(手術なしで)咬み合わせを良くすることができることもあります。いずれにしても、患者さんとよく相談して決めていきます。

顎変形症の原因

顎変形症になってしまう原因は人によってさまざまです。調べてみてもわからないこともあります。
生まれつき、あるいは小さい頃にあった顔のゆがみが、成長するにつれて目立つように感じる方がいらっしゃいます。過去に何らかの原因で炎症があった場合や、成長期に転んだ際にあごを打ったりしたことが原因になることがあります。さらに、大人でもほお杖やうつぶせ寝などの癖があると、あごに力が加わり少しずつ悪くなってくることもあります。
医院では、いつ頃からあごがずれてきたなどお伺いしますので、ちょっと思い出してみてください。

顎変形症の治療をお考えの皆様へ

矯正治療と外科手術によって歯の土台(あごの骨)を正しい位置に治していきます。
上下の歯もきちんと咬めるようになりますので、かみ合わせが安定し、歯を健康な状態に保つことができます。 あごが正しい位置になることで自然な顔つきになります。自分の容姿自身を持てるようになり、今までのコンプレックスを解消できることも、重要なことのひとつです。
当院では顎変形症の矯正治療に健康保険が使えます。
ちょっと気になっていたなど、お悩みの方はお気軽にご相談ください。治療の進め方、過去に治療された方の例などお見せしながら説明をいたします。