• はじめに
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 治療前の注意
  • 治療の流れ
  • 治療例
  • よくあるご質問
  • 患者様の声
  • リンク

治療例

下顎前突

下顎前突

下顎前突

一般的に下あごが上あごに比べて相対的に前方に突出して見える顔貌のことをいいます。受け口、しゃくれなどと呼ばれることもあります。歯並びの悪さとは関係のない、先天的な顔の特徴と考えている人も多いようですが、これも歴とした不正咬合です。下顎前突のため、他人に対して、コンプレックス感じている人も多く、歯並び矯正が行われる頻度は高いようです。

下顎前突は、一見すると怒っているような印象を与えてしまう事や、見る角度によっては「ニッ」と笑っているような表情に見えたりもして、周りにいる人は、その人の気持ちを計りかねてしまうといった弊害も引き起こしてしまうようです。 下顎前突は、特に日本人だけに多い歯並びではありませんが、それを気にして歯並び矯正をする人の数は多いので、「日本人には下顎前突が多い」といった認識が一般に広まっているのかもしれません。

  • 治療前 治療後
  • 下顎前突 治療前 ↓ 下顎前突 治療後
  • 下顎前突 治療前 ↓ 下顎前突 治療後
  • 下顎前突 治療前 ↓ 下顎前突 治療後
  • 下顎前突 治療前 ↓ 下顎前突 治療後

上顎前突

上顎前突

上顎前突

上顎前突は、前歯のみが前突しているもの・上顎骨が下顎骨より相対的に前方に突き出たもの・機能的なものがあります。大半が前歯の突出を伴います。一般的に出っ歯、反っ歯(そっぱ)といわれている症状です。

この症状は上下のあごの前後関係が原因で生じ、特に指しゃぶりなどの悪いクセによって上の前歯が前に傾いてしまうこともあります。また上あご自体が前方に出ている、下あごが小さい、上の前歯が前に傾いている、下の前歯が内に傾いているなどの混合であることが多いです。一般的には上の前歯を後方へ引っ込めることが必要なので、抜歯の対象になることが多いでしょう。下あごが非常に小さい場合は、成長期前の子供であれば下あごの前方への成長誘導が行われます。

  • 治療前 治療後
  • 上顎前突 治療前 ↓ 上顎前突 治療後
  • 上顎前突 治療前 ↓ 上顎前突 治療後
  • 上顎前突 治療前 ↓ 上顎前突 治療後
  • 上顎前突 治療前 ↓ 上顎前突 治療後

片側性交叉咬合

片側性交叉咬合

片側性交叉咬合

生まれつきの骨格の奇形を除いて、人間は、生まれた時、左右対称に生まれつきます。左右の下顔面の変形の原因は、発育成長のさかんな学童期、小中高のいずれかにあり、顔の下半分、下顎骨を含むケガ、外傷、片側噛みと姿勢などによります。 これが中下顔面、いわゆる顔がゆがんで見える結果となるのです。

  • 治療前 治療後
  • 片側性交叉咬合 治療前 ↓ 片側性交叉咬合 治療後
  • 片側性交叉咬合 治療前 ↓ 片側性交叉咬合 治療後
  • 片側性交叉咬合 治療前 ↓ 片側性交叉咬合 治療後
  • 片側性交叉咬合 治療前 ↓ 片側性交叉咬合 治療後